ブラジル / サンタロサ ナチュラル(中深煎り) 200g
5f6accbefbe5b53fbf5aae52 5f6accbefbe5b53fbf5aae52 5f6accbefbe5b53fbf5aae52 5f6accbefbe5b53fbf5aae52 5f6accbefbe5b53fbf5aae52

ブラジル / サンタロサ ナチュラル(中深煎り) 200g

¥1,800 税込

送料についてはこちら

きび糖やローストナッツのような風味。 滑らかな口当たりと後味の香ばしい甘さが楽しめます。 ブラックではもちろんのこと、ミルクと合わせて楽しむのもおすすめ。 カップコメント:caramel,dark chocolate,roast nuts,buttery 生産地 : ミナス・ジェイラス州、スルデミナス地域、マンチケーラデミナス、カルモデミナス 農園:ファゼンダ・サンタロサ 農園主:サミー・ラゲ・マタック氏 標高:950-1050m 精製方法 : ナチュラル 品種:イエローカツアイ -ファゼンダ・サンタロサ ミナス・ジェライス州南部マンチケーラ山脈に属し、高品質コーヒー生産に最適な環境が整っています。マンチケーラ山脈は、サンパウロ州、ミナス・ジェライス州、リオデジャネイロ州にまたがる山脈で、全長約500km、最高峰は標高2798mに達します。 ファゼンダ・サンタロサは「マンチケーラデミナス」認定を受けています。2011年にこの地の伝統的コーヒー生産技術や、世界的に知られた固有の風味が、IG(地理的表示※1)に認定されたことを受け始まった認証です。同認証を受ける地域とは、ミナス・ジェライス州南部マンチケーラ山脈に沿って位置し、代々受け継がれたコーヒー生産によって、ブラジルの中でも最も賞に輝いている地域の一つです。常に最高の品質を目指し蓄積したコーヒー生産技術とこの地のテロワールが見事に融合した賜物です。 ※1:固有商品の品質や評価が、その地理的原産地に由来する場合に、その商品の原産地を特定する表示、知的財産権のひとつとして保護されています。 ファゼンダ・サンタロサは、農園主のサミーさんのおばあさんの名を取って名付けられました。サミーさんの祖父は祖国レバノンでの内紛から逃れるために、ブラジルに移住しました。 1986年にサミーさんのお父さんが、この地でコーヒー生産を始めるために、土地を購入し、都市と農園の間を行き来しながらコーヒー生産を始めました。サミーさん自身はリオデジャネイロの近くの町で育ち、エンジニアリングを専門に学んでいました。 同時に、お父さんがなぜそこまでコーヒー生産にのめり込むのかを知りたくなり6か月の間、農場で働いてみることにしました。それが、今日に至るまで(20年もの間)サミーさんは農場に居続け、お父さんと同じくコーヒー生産の虜になって、誇りを持ってコーヒー作りに取り組んでいます。